CCCのあの子とわたし

FateのCCCをギルガメッシュルートでクリアしました

FGO内でのコラボイベントで初めてCCCに触れて、メルトリリスを知りました

なんでかすごく気になってEXTRA(ネロ)とCCC(ギルガメッシュ)をプレイして…ぜんぜん気持ちの整理ができていないけど少し残します


f:id:ce00:20170909045758p:plain
FGOでのCCCコラボイベントに登場したメルトリリス

まずCCCメルトリリス戦を終えて思い出したのがBerryz工房の『ああ、夜が明ける』です

http://www.kasi-time.com/item-55441.html


https://youtu.be/HAA8OpqXJew

なんでか思い出したかというと、この歌の子もメルトリリスも「わたし」は「あなた」に愛をうたうけど「あなた」が「わたし」を愛するか、というのが出てこないんです

一方的な愛。
それがメルトリリスの愛でした。



メルトリリスの愛は本人曰く「完成してい」て、「貴方の愛がなければ完成しないような できそこないの愛ではない」。

すべてを捧げると言いながら、支配者としての側面を強くもつ「加虐嗜好」

相手の人格と向き合わず、その姿と在り方だけを一方的に溺愛する、「人形愛好」。

そして、すべてを吸収し成長するスキル、「オールドレイン」。
その在り方を彼女は自分の"愛のカタチ"と錯覚した。

「否定されれば死ぬしかない」───。


彼女はひとりぼっちの女の子。
愛されるのが怖いだけ。

「人間を幸福にする」と言った彼女。
けれど、彼女の愛のフォーマットでは人間を幸福にすることはできなくて、

その恋は、報われない。


そうして彼女は消滅した。
──その恋が、報われないまま。


サクラ迷宮ができた理由、月の裏側の事件の起因。
桜の舞う校舎。
せつなくて、せつなくて。


"なかったこと"。
今でもあの子に思いを馳せる。






CCCはわたしに大きな衝撃をくれた作品です

メルトリリスは一度もわたしに「愛してる」と言わせてくれなかったけど、
わたしはあなたを愛しているよ